機窓からの風景をおすそ分け~

ANA FLYING HONUチャーターフライト in 関西国際空港・搭乗記(1. KIX移動編)

4 min

ハワイに現在は飛べいでいるホヌくん(ANA・A380)ですが、そういう状況を打開しようと、日本上空の遊覧飛行チャーター便という形で旅行商品化されたことはご存じの方も多いと思います。私もA380には搭乗したことがないため、ファンとしては一度は乗ってみたいなとの好奇心から、チャーターフライトが企画された第1回目から応募をしていますが、超大人気のためなかなか当選しません。

応募5回目にして乗れるチャンスが来ましたよ!

通常の(修行じゃないですよ…。あっ、今年もPLTを防衛してみようなんて考えてるから修行かな?笑)」飛行機の旅程を組み立てようと予約状況を確認していたとき…。そういえばあの応募したチャーターはどうなったんだろうと「国内ツアー予約確認」を表示してみました。(チャーターはツアー商品なので、もし当選していたらここに予約が入るらしいということを耳にしていたので…)

そしたらなんと予約が入っているではないですか!

予約が入っているではないですか!!

大事なことなので2度申し上げました。
当選のご連絡メールが届く前に当選を確認してしまったのでした(笑)

当選案内

いやほんとビックリしましたよ。
今回は下記便の企画・募集が行われましたが、関西国際空港発・中部国際空港発のものは初めての企画ですね。どうしても乗ってみたいので、当選チャンスを少しでも上げるために今回はすべての便に応募しました。(1つの便に重複して応募するのは無効ですが、それぞれ別便に対して応募するのは問題ありません)

今回の応募
  • 2021/4/11
    成田発
  • 2021/4/17(当選便) or 18
    関西国際空港発
  • 2021/4/24 or 25
    中部国際空港発

今回搭乗のホヌ・チャーターの座席クラスは「ビジネスクラス(窓側)」で、運賃は73,000円です。成田発の同じチャーターの座席クラスの運賃は63,000円で、それと比べると1万円ほど高くなっています。これは成田から関西国際空港までA380を持ってくる(フェリー)ためのコストなのでしょうかね?

A380は大型機であるので利用できる滑走路もある一定の長さが必要とよく耳にします。そういう制限があるので成田初の便しかないのかな?なんて自分は思っていましたが、関西国際空港や中部国際空港発が企画されてこれらの空港にホヌが飛んでくるのですからファンにとってはうれしい企画ですね。福岡空港発も企画してくれないかなぁ。福岡空港はA380は利用できるのでしょうか?

ホヌ・チャーター便に搭乗する…ための旅程

関西国際空港発の便ですので、当然のことながら「関西国際空港」に行かなければなりません。私自身のフェリーフライトが必要です(笑)

このフライング・ホヌ・チャーター便のチェックインはシステム利用(スキップサービス等)ではないようですので、いつものANA搭乗とは状況が異なります。そういった事情もあるのでしょうか、フライトは午後からですがチェックインは朝9時からと割と早く始まります。

当方は佐賀に住んでいるため、関西国際空港に移動するのもなかなか大変なことです。当日移動していてはチェックインに間に合わないので、今回は前日から入ることにしました。早速移動のための旅程を組むことにしましょう。SFC修行で旅程組み立て・航空券の予約は得意ですよ(笑)そうやって旅程を自分で組み立てるのも旅行の醍醐味ですね。

いつものように福岡空港から関西国際空港に降りるANA直行便を探してみましたが、残念なことにANAには便が設定されていません。伊丹着の便であればありますが、最終便となる出発時刻がちょっと早くて搭乗に間に合いそうにありません。また、伊丹空港から関西国際空港に移動するのも結構面倒なので、他の便を探してみることにしました。

するとANA系列のLCC「ピーチ」には便がありますね!それも最終便の時間もちょうどいい!というわけで、今回は初めてのLCC・ピーチ「FUK⇒KIX」便を利用して行くことにしました。

ピーチ便予約

当方のLCCの利用は初めてなので、利用の前に流れを確認しておかなければなりません。特にANAなどのFSCと比べて搭乗手続き締め切り時刻や、手荷物の持ち込み制限が厳しいこともあります。また、チケットの予約に関しても予約変更が可能・不可能な運賃種別やキャンセル時の対応、事前座席指定制度なども異なる部分があります。色々調べてみると、基本的に下記に注意しておく必要があります。

注意しておく必要があるところ
  • 搭乗手続き締め切り時刻を意識しておくこと。(搭乗時刻の30分前までに)
    1分でも遅れると乗れない。
  • 持ち込み手荷物はサイズと個数、重さに注意。(身の回りのもの2つ・合計7kg以内)
    空港によってはチェックされることがある。
  • 事前座席指定は有償。指定座席の場所によって座席指定料金がかかる。
    また、指定済みの座席を変更したい場合は、再度座席指定料金がかかる。

座席指定は自分はこだわりがあるので(笑)悩ましいところです。
何しろ変更は可能ですが再度料金がかかってきますからね…。
結局今回は、人生で初めて「非常口座席」を指定してみることにしました。非常口座席に着席するには、非常時の援助等いくつかの条件を満たす必要があります。当方はその条件をすべて満たしている・承諾することが出来るため指定させて頂きました。

ピーチ便の搭乗手続き・チェックイン

これはビックリしたのですが、驚くほど簡単です。
空港に設置してある自動チェックイン機に予約時に発行される予約番号2次元バーコードをかざすだけです。そして表示されるいくつかの確認事項を確認の上、チェックイン機のタッチパネルのボタンを押すのみで手続き終了です。すると搭乗券となるレシートが発行されます。あとは通常の保安検査を受け、搭乗口へ進みます。

搭乗の感想

感想はこちらでつぶやきました(笑)

一つ付け加えておきたい感想がありまして…。ピーチ便には機内Wi-Fiはついていないためインターネットはできません。しかし最近導入されたローカルな機内Wi-Fi「機内デジタルサービス」を利用可能です。このデジタルサービスは、機内食の注文や決済を手持ちのスマートフォン等の端末から出来るものですが、当方が興味あるのは今どこを飛んでいるかを見るあの地図です。ANAのでいうFilghtPathですね。

これがあるとないのでは飛行機搭乗の充実度がかなり違うのですよ!飛行機好きな皆さんなら理解頂けますよね!?

今回初めてLCCに搭乗したのですが、いつものANA搭乗と勝手が異なる点がありました。でもいい勉強になりました!ピーチ搭乗も思ってた以上に快適だったので、たまには使ってもいいかなと感じた搭乗でありました。

あっ、いつのまにか話が大幅にそれてしまいピーチ搭乗記になってしまいましたね(汗)
話を戻してホヌ・チャーター便搭乗記を次回記します!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。