新しい旅のエチケット

アフター・SFC修行&アップグレードポイント

4 min

SFC修行が終わり無事解脱した皆様、おめでとうございます。
そしてお疲れさまでございました。

上級会員になることは修行のゴールではありますが、なることだけが目的ではないはずですよね。上級会員になったからには、今度はそのメリットを存分に活用したいところです。今回は修行解脱後にどのような形でプレミアムメンバーサービスが始まるのかをまとめてみたいと思います。

ANAプレミアムメンバー事前サービス

正式サービス開始より前に

前回の記事の中で、ANAの上級会員・プレミアムメンバーサービスは、必要なプレミアムポイントを1年かけて貯めることでその翌年度の4月からサービス開始となるとご説明しました。

しかし実際には、解脱した翌々日からその年度末まで、事前にプレミアムメンバーサービスを受けることが出来ます。(ただし3月までに条件を満たした場合は、事前サービスの開始は4月中旬からです。)翌年度の正式なサービス開始を待たずとも、上級会員のメリットを享受出来るということですね。ですので、より早くプレミアムメンバーサービスを受けたい場合は、4月から数えて出来るだけ早い内に解脱してしまえばいいことになります。

私は1年かけるつもりでしたが、実際には予定より少し早めの9月に解脱しましたので、事前サービスも9月から、

よって解脱後は、早速事前サービスにてプレミアムメンバーサービスを受けることになりました。

パートナー(同乗者)をラウンジに

解脱後に最初に飛行機に乗ったのは北海道旅行に行ったときでした。

プレミアムチェックイン、そしてラウンジや優先搭乗が利用できるようになりました。これらのメリットは以前プレミアムクラスを利用したときに経験済みでしたので、これからずっとそのメリットが享受できるのは大変便利だと改めて感じました。これらのメリットがほんとに必要なのかどうか、修行をするか迷っている方には是非事前にプレミアムクラスを利用して体験されることをおすすめします。言葉でお伝えするより体験頂くことで、その良さが分かって頂けると思います。

さらに事前サービスで受けたもので、「同乗者をラウンジに連れて行ける」というものがあります。PLTメンバー(SFC会員)となると、同乗者1名まで、無料でラウンジ利用が可能となります。

初めてパートナーをラウンジに連れて行ったときは入場の仕方が分かりませんでした。(笑)

入場方法は実は簡単で、いつも利用している入場受付機の画面にある「お連れの方との入室はこちら」ボタンを押した後、PLTメンバーのチケットバーコード→同乗者のチケットのバーコードの順にかざせば入場できます。私はそのかざす順を逆にしていたためエラーとなっていました。いやお恥ずかしい…。

ラウンジ受付(ANAホームページより)

パートナーもラウンジ利用は初めてで、広いスペースでゆっくりできてすばらしい!と喜んでいました。その日は運転する予定もありませんでしたので、私はビールを頂きました。そのビールサーバーの使い方も最初はよく分からなかったことは内緒!

このように同乗者をラウンジに連れて行けるのはうれしいものです。今回は私自身しかSFCを持っていませんでしたが、SFCでは家族会員のカードを作ると、自動的にその家族会員にもSFC特典が付加されます。それぞれのカードで同乗者が1名までラウンジ入室できるようになるので、子供達を連れて行くこともできるようになりますよ。

千歳空港の優先保安検査

この旅行で受けられなかったサービスに優先保安検査場の利用があります。PLTメンバーの同乗者のプレミアムチェックインの利用は認められていないため、この旅行では利用していません。2020年は新型コロナの影響でそんなことはありませんでしたが、普段の千歳空港の一般保安検査場はとにかく混んでいます。保安検査を通るのにかなり時間がかかりました。ここは唯一、優先レーンが利用できていたらスムーズに行ったのになぁと残念に感じるところです。優先搭乗に関しても同乗者の利用は認められていないため、私がパートナーの荷物を持ち優先搭乗しました。

旅行に出かけてきました・2019年

アップグレードポイントが貰える

SFCを含めたプレミアムメンバーは、取得したプレミアムポイント総数に応じてアップグレードポイントが進呈されます。

さらにスーパーフライヤーズカードに入会すると、アップグレードポイントが毎年度4ポイント進呈されます。

修行解脱したPLTメンバーの場合50,000PP取得しているはずなので、翌年度のプレミアムメンバーサービス提供期間には合計で24ポイント獲得できることになります。このアップグレードポイントの有効期限は1年ですので、必ずアフターSFC修行で忘れずに消化してしまいましょう。使わないで捨ててしまうのは勿体ないです。

また、プレミアムメンバーは1PPでも獲得できればアップグレードポイントが4ポイント貰えます。1回乗れば貰えるものなので、毎年度8ポイントは貰えるってことですね。

アップグレードポイントポイントの有効期限は、プレミアムメンバーサービスの提供期間と同様1年です。

アップグレードポイント(ANAホームページより)

ではこの毎年貰えるアップグレードポイント、どんなとこに使えるのでしょうか。

座席のアップグレードに利用する

国際線

アップグレードポイントの最もお得な使い道は、やはり座席のアップグレードです。国際線になるとビジネスクラスをファーストクラスにアップグレードすることもできます。

ただしアップグレードができるチケットには制限があり、パッケージツアー等の包括旅行運賃やアップグレード対象予約クラス以外では、アップグレードすることはできません。運賃種別と予約クラスにより、アップグレードできないものがあるということですね。また国際線では、特典航空券の座席クラスもアップグレードすることはできません。国内線では特典航空券をプレミアムクラスにアップグレードすることはできるんですけどね。

国際線のアップグレード手続きは、355日前~搭乗便出発時刻の24時間前までの事前予約が必要です。

国内線

国内線ではプレミアムクラスへのアップグレードにポイントが利用できます。国内線プレミアムクラスは事前アップグレードサービスという形で搭乗2日前よりアップグレード可能になります。

必要なポイント数は一律4ポイントです。

事前アップグレード料金は3,000円から14,000円ですので、アップグレード料金が高い区間で利用した方がお得ですね。14,000円の区間の便を事前アップグレードした場合1ポイント3,500円の価値になります。

私も本年度の去年の修行で得たアップグレードポイントは、プレミアムクラスへの座席のアップグレードに利用しています。

ラウンジの入室

ラウンジの入室にもアップグレードポイントが利用できます。プラチナメンバー以上はANA LOUNGEの場合、本人と同行者1名まで無償で利用できますので、必然的にブロンズメンバー本人や2人目以降の同行者の入室に使うことになります。国内線では2ポイントから、国際線では3ポイントから人数に応じて必要です。羽田空港のANA LOUNGEは3,100円出せば利用できますので(事前予約が必要)、それを考えるとあまりお得な使い方ではないと思います。

ANAスカイコインへの交換

期間限定のキャンペーンという扱いになっていますが、アップグレードポイントをスカイコインへ交換することも出来ます。

レートは1ポイント→1,000コインです。

これはあまりお得な使い方ではないですね。貯めたアップグレードポイントをどうしても消化できなさそうな場合に利用すると良いでしょう。

※2020年度のアップグレードポイントは、新型コロナ特別対応により2021年度まで有効期間が延長されます。

このように結構色んな充実した特典がプラチナメンバー、スーパーフライヤーズカード会員には付いてきますね。まだ使ったことのない特典も使ってみなくては…。

なんだか旅行に出かけたくなりますね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。