新しい旅のエチケット

コロナで旅行スタイルも変化?

3 min

新型コロナの影響は旅行・航空業界へ大きな影響を与えています。

テレワーク等の仕事のスタイルの変化によるビジネス利用への影響、インバウンド需要の激減等々、航空会社は当分の間、需要はコロナ前のように戻ることはないと判断しているようです。

A380・フライングホヌの周遊フライト

新たな企画

ANAはコロナ禍での新しい取り組みとして、8月にフライングホヌを用いた周遊フライトを企画・実施しました。「本物のハワイには今は行けないけど、その気分でも味わってほしい」という思いが込められた企画です。これまでに3回の企画があり、その初回企画への応募は定員の150倍もの応募があったそうです。すごい人気です。私も応募しましたが外れました。

この周遊フライトで用いる機種はハワイ路線に就航しているA380ですが、現在のコロナ禍で全く動かすことができず、ある日数動かさないまま経過すると整備作業にも影響が出るそうです。人を乗せずに動かすよりは乗せて収益化した方がよいとの判断もあったのでしょうか。

ANAがこの周遊フライトを企画してから後、競合他社も各社オリジナリティを出して周遊フライト商品を企画しました。JALはオリジナルの機内食を出す「星たび 星空フライト」、スターフライヤーは機内でプラネタリウムを上映する「プラネタリウム上映遊覧フライト」等、企画の中身も様々です。これらの企画にも多数の応募があり、大変な人気となっています。

このように、コロナ前までの目的地に行くためのフライト需要に加えて、フライトそのものを楽しむ潜在的な需要は大変大きなものと気付かされた企画でもありました。またそれを掘り起こしたこれら企画の意義は大きなものだったのではないでしょうか。

航空業界はその商品とビジネスモデルの大転換が必要なときなのかもしれません。アフターコロナの旅行商品は今の形と大きく変化しているかもしれませんね。

応募したけど外れましたよ

ホヌのチャーターフライト企画は8月から10月にかけて3回の参加者募集が行われましたが、いずれも高倍率の応募の中、私も申し込みましたがすべて外れました。また3回目に至っては募集されていることも知りませんでしたよ。気づいたときは、時既に遅しでした。今後も継続して企画されると思いますがどうでしょうかね。ビジネスクラスシートを体験してみたかったのですが。

仕方ないので別の方法でビジネスクラスシートを利用

ホヌのビジネスクラスは、交互に座席配置してあるANA BUSINESS STAGGEREDです。A380のそれを体験してみたかったのですがことごとく抽選に外れてしまいましたので…。かといって、ハワイ旅行など行く予定もありませんし行ける状態でもありませんからね…。別の方法でこのシートの体験が出来ないかを検討してみました。

9/20・A380チャーターフライト

色々と調査してみると新型コロナの影響による、A380と同じ理由からでしょうか。最近は国内線で国際線機材が投入されている路線が結構あるようです。そこで、国際線仕様機材の国内線利用の便で利用してみようかなと考えてみました。

9/20 CTS→HND・B787-9 (JA871A) 国際線仕様機材

というわけで、ホヌの周遊フライトを横目に私は同日に千歳→羽田で運航されたB787のビジネスクラスシートを利用してみました。A380のそれではありませんが、まっ、ちょっと体験してみたい好奇心からですね。

今回搭乗した機種にはビジネス・プレミアムエコノミー・エコノミーの3クラスの設定があります。国内線運航時はちょっと不公平な気もしますが、すべてエコノミー扱いで料金もエコノミー運賃、座席指定も先着順です。また当然ですが機内食などのサービスもありません。全席エコノミーとして扱われます。現在は新型コロナの影響があるためそうなっているのだと思いますが、普段このような国際線仕様機材の国内線での利用がある場合は、ビジネスクラスやプレミアムエコノミーのシートは、プレミアムメンバーが優先的に確保できるよう座席ブロックされるのかもしれません。

搭乗してみた

おぉ、これがビジネスクラスなシートですか。搭乗した便はほぼ満席でした。搭乗時、私と同じシート利用の人たちの中には「こんな席予約してないけど…。」みたいな反応で状況が飲み込めていない方もいらっしゃいました。CAさんが、国際線仕様機材ですので…と都度説明していらっしゃいましたね。また上の手荷物入れが普段より少々低い位置にあるのでしょうか?そんな気が…。

乗り慣れていないわたくしは頭をぶつけてしまいましたよ(笑)

CAさんにしっかり目撃され、大丈夫ですかとお声がけいただきました…。お恥ずかしい…。

シートの座り心地は

さすがビジネスクラスのシートです。窓側に座席があるためより個室感覚に近かったです。このように足も伸ばせますね。フルフラットになるので横になることも出来ます。

オットマン

またパーソナルモニターが前に装備されていますので、色々さわって遊んでみましたよ(笑)最後にはお約束のフライトマップです。ビジネスクラスってこんな感じなのですね。1時間弱のフライトでしたので、存分に堪能するには時間が足りませんでした。

丁度この日はポケモンGOのイベントがあり、札幌で歩きっぱなしだったので。最後の方はおじさん疲れて寝てしまいました。あっという間に目的地の羽田に到着です。

SFC修行してたときを思い出しました

このように、飛行機への搭乗自体を楽しむ旅行商品もあったら面白いですね。

A380なんてANAは国内で唯一この機種を保有しているのですから、逆にこれを強みにした旅行商品も企画して欲しいですね。(まぁ、それが今回の周遊フライトだったのですが。)

私のようにちょっとマニアックな人もきっと多く居ると思うんですよ。SFC修行などでは飛行機に沢山乗らないといけないわけですから、搭乗自体がいつもと違った楽しみ方ができてPPも貯まるんだったら万々歳ですね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。