機窓からの風景をおすそ分け~

プレミアムポイント2倍キャンペーンが意味するもの

3 min

コロナ禍でのステータス延長対応

2020年度のステータス保持者は、コロナ特別対応で2021年度までステータスの延長がなされました。

昨年ちょうど最初の緊急事態宣言が出た頃、コロナ特別対応として搭乗プレミアムポイントを2倍にするという対応がなされましたが、周囲からの批判はかなり大きかったようです。ANAさんのその対応は強制終了とはなりませんでしたが、最終的にはプレミアムメンバーの保持ステータスを1年間延長するという対応に落ち着いたことは記憶に新しいところです。

2022年度へのステータスの延長はないようです

2021年度(前述の延長対応で2020年度も含む・事前サービスを除く)ステータス保持者へは、そのステータスに応じてボーナスプレミアムポイントが進呈されました。また、AMC会員で1回でも搭乗した場合は3,000PPのボーナスプレミアムポイントが進呈されます。さらに今年の3月から始まった、プレミアムポイント2倍キャンペーンもあり、例年と比べてステータス取得のハードルは低くなっていると言えます。

このような状況から推察すると、ANAからのメッセージは

「今年はステータス延長対応は行いません。ステータスが欲しい方は自力で取得してください。ただし、取得までのハードルは下げます。」ということになるでしょうか。

プレミアムメンバーの数がどんどん増えてきてサービス品質が落ちているという懸念はよく耳にしますね。株主総会でもそれに関する質問が出たようですが、ハードルを下げてプレミアムメンバーがさらに増えて大丈夫なんだろうか?とふと疑問に思いました。

ここからはあくまで私の勝手な想像ですので、話半分以下でご覧くださいね。

昨年度の国内線旅客数は2019年度比26%でかなりの落ち込みです。

ANAグループ実績 2021年1月 (anahd.co.jp)より計算)

この旅客数の中でプレミアムメンバーの占める割合を数%と考えた場合、本年度のステータスを維持できたプレミアムメンバーの全体数も下がっているものと考えられます。(⇒延長対応された)さらに本年度の旅客数も2019年度に対してかなり落ち込んでいるはずですので、来年度のプレミアムメンバーを維持できる人の数も例年よりは下がるものと考えられます。(⇒延長対応なし)

ステータスを取得する人ってどんな人?を”修行僧を除いて”考えると、やはり大部分はサラリーマン出張族ですかね。ほかにいるかな?コロナ禍で仕事出張は激減したと考えられるので、来年度のステータスを維持できない出張族もかなり多くなるのかもしれません。そう考えると、そのメンバーの減少を賄う分だけステータスを取りやすくして、ステータスを取ろうとする人を新たに開拓してもいいという判断がなされるかもですね。

今はANAさんといえども営業CF大幅マイナス・財務CFプラスで、財務状態はかなり厳しい状況にあります。少しでも売上に貢献するにはやはり本業の旅客数を増やさなければなりません。そういう背景もあって、既存プレミアムメンバーのステータスをさらに延長してお金を生まない状態にするよりは、ステータス取得のハードルを下げるという価値を利用者に提供し、その価値に魅力を感じる人に飛行機に有償で搭乗してもらうことで少しでも旅客収入を確保したいという思惑があるのかもしれませんね。キャンペーンが延長されたということは、その思惑通りに事が運んでいるという⇒効果が出ているということなのかもしれません。

もしそうだとしたら、自費でステータス取得したいと思う人は自分のような飛行機好きの人が多いでしょうから、来年度はプレミアムメンバーの客層がいつもと違った感じに(飛行機好きの方が多くなる)なるかもしれませんね?(笑)

再度申し上げますが、私の勝手な想像です(笑)

プレミアムメンバー制度はよく考えられている

自社便によく搭乗してくれるお得意様をおもてなしするという趣旨のステータス制度ですが、まぁ、よく考えられているなと感じます。

私のような庶民の飛行機好き・ファンにとっては、ステータスは一種の『憧れ』です。

自分の場合はその憧れに到達するために、まずはPLTを取ってSFCを作りました。でも、SFCができてもですね、PLTを維持したいという気持ちが何故か出てくるのですよ。おそらくPLTからSFCに切り替わったとき、またPLTを取りたいなって思うことになることでしょう。飛行機ロスにもなりますし…。

ステータスを維持したいという気持ちがあると、そのためには自社便を使い続けるでしょうから他社には浮気できないですよね。ステータス制度はそのように”顧客を引き止める・つないでおく・囲い込み”という役割も担っているようです。

本年度はステータス取得のハードルが下がっている訳ですから、それにあやかってステータス取得した方!そのステータスを維持したい!と思うことになり、ステータスの魅力にとりつかれるかもしれませんよ(笑)そう、それがANAの戦略だと思うのです(笑)

当の私は…?

ボーナスプレミアムポイントの付与もあり、当初は来年度のPLTを維持しようかなと考えていました。

そんなところに2倍キャンペーンがやってきたのです。普段は絶対なれないけど、DIAの世界を覗いてみるチャンスかな?との好奇心が芽生えてしまったのでした。

背中を押しちゃった…
  • ステータスの取得のハードルが下がったこと。
  • DIAの世界を覗くチャンスと思ったこと。
  • ANAのファンであること。

これらが私の背中を押してしまい、DIA解脱となりました。

そうです、またまた戦略にはまってしまったのです(笑)

でも庶民な私、このステータスの維持は不可能です。その世界を短い期間ですが体験して参ります。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。